hellohana!!

小雨にまぎれ泣いてる花も明日は咲くでしょう

【エロ注意】「お互いの体を知り尽くした男女」というジャンル

こんばんは。

深夜のファミレスからお送りしています。

 

「お互いの体を知り尽くした男女」

ってよくない?

f:id:hellohana:20140721061435j:plain

 

 

 

快楽が嫁の頭に固着してきたみたいだったので、これならば・・・と思いフィストは抜き、ヘソ下を腹の上からトーントントントーンとリズミカルに叩いてみた。 
案の定、嫁悶絶。 

以来、後ろから抱きついて首筋にキスして、回した手で下腹部をトントンすると悶絶絶頂するようになってしまった。超可愛い。 

 

【ポルチオ】中イキSEXを語るスレ【嫁豹変】

 

こういうのとかたまらないのよね、

違う個体がここまでわかりあえるって凄いことだと思って……

 

さっき友人と晩御飯を食べてる時、

そのことについて議論に発展したので、その内容を記します

 

はな「新ジャンルかいたくした」

 

「どーーせしょうもないジャンルなんだろ」

 

はな「お互いの体を知り尽くした男女っていう・・・」

 

「はあ。」

 

はな「ってよくない?あたし、いままで結婚あきらめていたというか、しなくていいやって思ってたの。まあそれとはあんまり関係ないんだけど、最近、なんかエッチな動画みてたら偶然、男も女もぜんぜん激しい動きをしていないのに、女のほうが快感の渦に溺れて死にかけてる動画みつけて、あっ、男女ともに40歳くらいなんだけど。これが年の功……というか、ツボを知ってるからこういうことが可能なんだなあって思って。そのためには長年連れ添う必要があるじゃない。夫婦っていいなあと思って。その動画に出ている人たちは本当の夫婦かしらないしプロだから別次元として、やっぱり通常は、歳追うごとに遊ぶ回数とかも減るわけだし、通常は、セックスは夫婦関係に収束していくと思うのよ。だからね」

 

「それって演技じゃないの?」

 

はな「演技じゃないよ。」

 

「なんでわかるの?」

 

はな「教えてあげましょう。それは、私が女性だからです」

 

「はぁ。そう」

 

はな「とにかくさーー。あたしはこのことに、すごく感動したんだ。」

 

「俺はそうは思わないね。」

 

はな「えーーなんでー?」

 

「『初めての相手とする』ことに勝る快感は無いと思うんだよね」

 

はな「えーー下衆」

 

「でも、そうでしょ。」

 

はな「そうは思わないけど。女の子はそうじゃないと思うけど、それに、はじめての人には心が許せないというか、そんな楽しめないような」

 

「道ですれ違った女の子と急に合体したりしたいもんね。俺は」

 

はな「えーー…」

 

「いいか。3〜4年で恋愛っていうのは終わるんだよ。その後の行為っていうのは、惰性だし、苦痛でしかない。」

 

はな「いや、、惰性だけど、愛じゃないの?そういった街に落ちてる別の可能性を見ないでお互いを愛するっていうのは」

 

「そうだけど、だから、それが初めての人との快感に勝ることはないよっていうこと」

 

はな「あやー……なるほどね、それはわかるんだけど」

 

「男女ともに探究心があって、ずっと興奮を高め合っていける人たちもいるだろうけどさ……想像してみなよ、それって変態じゃない?」

 

はな「ノーマルでもアブノーマルでも、いるとおもうけど。変態なのもいいと思うし」

 

 「まあね。たいていの場合は、どっちかはまだ求めているのに、対するどっちかが、行為自体を嫌がったり、魅力がなくなったりするわけじゃん。それがほとんどなのよ。」

 

はな「だっ、だからこそ素晴らしいと思うのだけど?」

 

「はなの言ってることは夢物語なのよ。」

 

「もっと言ってしまえば、はなは『飢えてる』。愛に飢えてるんだよね。愛につつまれたいのよ。それにセックスも付随すればいいなあっていう、はなの考えがぜ〜んぶ見えちゃってるんだよね。だからその持論は、はなの願望8割。すべての人がそれを良しとしてるわけではないんだよね〜。」

 

 

はな「恥ずかし〜〜!!」