hellohana!!

小雨にまぎれ泣いてる花も明日は咲くでしょう

なぜ年寄りをこんなに大事にしてしまうのか

違う。老害は迫害すべきっていう主張じゃない。


むしろ老人のことはとても大事に思ってる。以前ちょっと触れたが、わたしは老人と深く関わったことがないから
彼らの憎い部分を実感としてあんまり知らないけど、だからこそ冷静に考えられることがあると思って。
なんで人はこんなに老人を大切にしてしまうのかわたしなりに考えてみた。
よく、人は年取って死に近づくと赤んぼうみたいになるよ〜みたいな言葉があるが、それは大事にする理由ではないよな。結果だから。ちなみに赤んぼうも老人も大事にしない人がいるが、それはまた別のジャンルだな。
老人は知恵があるからっていうのは違う。お金があるからっていうのはもっと違う。
なぜ人が老人を大事にするかということの根底にあるのは、彼らが弱いからだ。
しかし、弱くてもウザがられる人間はごまんといるわけで。
弱い故に大事にされる女の子は、結局は他の魅力を併せ持っているわけで。
その点老人が、なぜ大事にされるかというと、大事にしたいかというと、弱くならざるを得なくして弱くなってるからだろう、人間の性善な部分が反映される良い例だな。(自分の両親や祖父母と重ね合わせるからっていうのもかなり大きいとおもうけど)
自分の弱さに抗わずに、力がある時は隠されていたそれまでの人生が浮き出て優しくなったり、大らかになったり、厳しくなったりする場合もあるかと思うけどそういうのを見て後に続く人の心は優しく、なるんだろうな。
老人を大切にしていくのがやっぱり人間の、生物の正しい生き方だなと改めて考えたんだけど。
そしたらこれからの日本ではどうやってバランスとっていくのかな。破綻するだろうな。そしたらメッチャ強いおじいさんおばあさんが出てくるのかな。それはそれで厄介だなー!面倒だなー!
てなことを客が老人しかいない喫茶店で考えていた。
隣に座ってる老夫婦がいま、パンを食べていてさ、奥さん(違和感がある)が旦那さんに

「ワイシャツ、大きくなったね。」

って言ったんだ。たった一言、それ以外は会話を交わさない。ただそこに夫婦の時間が流れている。
私がいくら朝晩いろんなところを駆け巡っても高い酒を飲んでも、恋愛をしても仕事をしても敵わない経験値がそこに凝縮されている。


切なくて幸せな気分になった。