hellohana!!

小雨にまぎれ泣いてる花も明日は咲くでしょう

伝え方が9割

読んで良かった。

コピーライターさんのコトバ作りのレシピ的なものがあったら読んでみたいな。。という想いを、書店で表紙を見たときに思い出し、悩んだ末に購入。

その大胆なタイトルに「真面目な本じゃないのでは、、」と心のどこかで思いつつも、ヒット作!とか書いてあると買ってしまうミーハー精神がわたしをレジに向かわせてました。

どういう点が良かったかというと、
この本を読んで、コトバ作りがうまくなったとかそういうのではなく、
他人の(コトバ作りが上手い人の)コトバを意識するようになった点です。

それだけでも1500円払った価値あったなあと。

なにしろ、自分の中のルーティンに新しい項目を加えるのって意外と至難で、それを実現させるような本ってなかなか無いと思うからです。

参考書を買ってもなかなか勉強しなかったのに、本を一冊読んだだけで意識が変わったのは、やはり著者の「コトバの作り方」によるものだな、と思いました。

本に書かれているように、コトバを生み出して人生を良くするためには、また何度も読んでメソッドを身につけなくてはならないですが。。

ぜんぜんどうでも良いんですけど、あまりにも具体的にコトバ作りの仕組みについて書かれているゆえに、読んだことを近しい他人には教えたくないです。
ちょっと気恥ずかしくて。